読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

麻耶のベニカミキリ

JRプラモデルは本物のJRを建設するときのTVCM商品として19世紀序盤の英で開発されたのが始めだといわれています。後日1853年代、ロシアのプチャーチン来航時や、1854年代ペリー来航場合、役人の今しがたでプラモデル水蒸気組織クルマの移動を実演したのが国中におけるJRプラモデルの由来と思われます。

http://vivirdelsoftware.com/
1891年代、ドイツのメルクリン社が、それまでばらばらであった車輪大小について一番ゲージや後者ゲージなどの一律的規格を発布し、1922年代に英のビング社がそれまで主流であったOゲージの半分のがたいですOOゲージを研究。後に、こういうゲージはHOゲージって改称され現在でも異国においては主流ゲージとして存在していることになります。日本では、50mmゲージや35mmゲージが開発されていたとのことです。1965年代、関水メタル(KATO)を通じてプラスティック製車輌や線路が発売され日本製のNゲージが、領地面積のちっちゃな日本においても省余分でJRプラモデルを楽しめるスタンダードとしてマーケットに運輸することとなったのです。