読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アサミンゴスでワード

5毎月30日光、31日光に山形県天童市でスター戦第5チャンネルが行われ、競合の佐藤天彦八段が羽生善治四名称に解決し新スターとなりました。
角番に追い込まれた羽生四名称が第5チャンネルで取った戦術はまたしても脇歩受け取り。佐藤八段の自負戦術でありスター戦は全体的にざっとこういう脇歩受け取りでの対局となりました。恋人の自負戦術も受けて立つ勇ましさのある羽生四名称ですが、第2チャンネルに羽生四名称が詰みを逃した結果景況は丸々佐藤八段へ。丸々第3、第4チャンネルを立て続けに無くし、第5チャンネルで決着となりました。
こうなったことには羽生四名称の第2チャンネルの考え違いもさることながら、競合です佐藤八段が得意の脇歩受け取りで流行に乗ったことも要因になっています。何より第4チャンネルの終盤の思い回しは圧巻で、にっこり生放送で解説をしていた森下卓九段も舌を巻くほどでした。こういう第4チャンネルは大詰めで羽生四名称が8八歩という奇手を放ち観客をざわつかせていましたが、佐藤八段は持ち時間を余分に残していた結果アフターサービスをとちることなく丁寧に指し示し続け、見事なまでの完封解決を果たしました。

スター戦を落とした羽生三名称ですが、今度は棋聖戦で永瀬六段という対局することになります。永瀬六段は何と羽生三名称に関して3勝0敗と勝率100パーセンテージを誇ってあり、「羽生人殺し」とも呼ばれるほどのキャパシティ輩だ。
アビシニアンの南ちゃん日記
身近が羽生ジェネレーションのフィナーレだと騒いでいますが、今年は確かに羽生三名称にとっては苦戦の一年に変わるような気がします。